RPAソリューション AutoMate

IBM i ユーザーに最適なRPAソリューション

サービスの3つの特長

  • 幅広い業務への対応
    • エクセルからブラウザ操作、IBMiエミュレータなどシステムやクラウドの管理まで幅広く対応
  • 多彩シンプルに利用
    • 誰でも簡単に使えるインタフェースを備え、自動化する作業もGUIで指定可能
  • 小規模でスタート
    • パソコン1台の作業から、
      複数台のサーバー業務の自動化まで可能

お客さまの課題

  • 定型業務を自動化したい
  • 作業の効率化したい
  • 作業品質を向上させたい
  • 人的リソースの有効活用
  • RPAを導入したいが
    よくわからない
  • 部門ごとにRPA化を実現したい

サービス概要

さまざまな機能を持つAutoMateをまず1台オフィスに導入して様々な業務のお手伝いをしてもらいましょう。導入効果を見てサーバー版にて全社展開へ。

ロボット(AutoMate)に処理してほしいデータを渡す AutoMateはフォルダを監視。ファイルが書き込まれたフォルダに応じた処理を実行。

弊社では、導入に合わせて「プロトタイプ作成サービス」も提供しております。
RPAを導入してトライアル、導入効果を早期に出すための支援サービスです。

システム要件

クライアント版(Desktop、Bot、Stidio) 導入マシン推奨スペック
  • Windows 8/8.1/10
  • マルチコア Core i プロセッサー、8GB以上のメモリ、100GB以上のHDDまたはSSD推奨
サーバー版 導入マシン推奨スペック
  • Windows Server 2012/2016
  • マルチコア Xeon プロセッサー、12GB以上のメモリ、100GB以上のHDDまたはSSD推奨
  • クライアント版は上記サーバー版環境でも稼動します。
  • エージェントはLinux版もあります。機能は別途お問い合わせください。

AutoMateは全社的な生産性向上を実現

AutoMateはスモールスタートが可能でありながら高度な自動化にも対応できる、高機能かつ拡張性の高いRPAです。