EVOLIO

使い慣れたExcelでのデータ共有化とシステムへの入力時間削減が可能になった、J社様の導入事例をご紹介いたします。

導入事例 J社様

課題

  • 既存システムでは、入力に手間と時間が掛かる仕組みだったので、これを改善したい
  • Excelにてシミュレーションを行う方法は使い勝手が良く、できれば継続したい

ソリューション

  • Excelで入力した情報を基幹システムへ連携できるツール
  • 基幹システム情報を簡単にExcelへダウンロードできるツール

評価

  • 使い慣れたExcelで操作できるため、作業効率が良い
  • 関数追加など個人単位でカスタマイズができる
  • 要望に対して関数やマクロで対応可能な部分がありスピーディーな改善が可能

背景

プラットフォームのサポート切れによる既存営業支援システムを再構築するプロジェクトがスタートした。
システムへデータ登録するため、それまでにExcelシミュレーションを実施しその結果を入力していた。

  • 入力作業はかなり時間が掛かる登録で、ユーザーから不満
  • 費用をできるだけ抑えて入力改善を実施したい

EVOLIOを使うにあたって

営業部門に即した使い方、Excelフォーマットの共通化

Excelフォーマットを共通化し営業担当者ごとに入力した結果を営業部門レベルまたは全社レベル集計します。
営業担当者がシュミレーション用に使っているExcelへEVOLIO機能を追加し活用することが可能です。

Excelバージョンアップも安心

年間保守費用は掛かりますが、Excelがバージョンアップしても安心してお使いいただけます。
バージョンアップを考え、あまり複雑なExcel作成はお勧めしません。

導入効果・今後の展望

本当にできるか多少不安でした

Excelデータを基幹システムへ更新する際、データの整合性が大丈夫か少々不安がありましたがRPGプログラムによる更新だったのでいまところ大丈夫です。(お客さまの声)

他システムへ展開

基幹システムのデータ活用に展開していきたいと思います。(お客さまの声)