i Renaissance®シリーズIBM i(AS/400)のマイグレーションサービス

i Renaissance®i Renaissance®シリーズとは

IBM i(AS/400)は高性能・堅牢なマシンのため、長年に渡り積み上げられてきた膨大なビジネスロジックを持つ一方で、
最新のドキュメントがなかったり、開発者の不足等により、マイグレーション/モダナイゼーションは非常に難易度が高いとされています。
i Renaissanceは、3つの柱となるサービスを組み合わせることにより、お客様のマイグレーション/モダナイゼーションにあたっての様々なお悩み・要望に応えます。

01i Renaissance Converter

i Renaissanceフレームワークを使用し、AS/400で実現されている現行機能を見た目や操作性も含め、100%自動で忠実にJava化します。
Java EE、RDBMSならびにオープン・プラットフォームへ最も早く、最も効率的な変換を行います。
オプションで、専用のツールを使用し、操作方法や見た目をWebシステムで一般的なもの(マウス操作で、プルダウンやラジオボタン等を使用したデザイン)に効率的にリフェーシングすることも可能です。

02i Renaissance Express

AS/400の現行機能に対して、お客様のご指定のフレームワーク、コーディングルール、パフォーマンスに準拠し、ツールを使用して80%~95%自動でJava化します。

03i Renaissance Insight

リソースの評価、分析を行い文書化を行います。
さらに現行機能のFlowchart並びにJava擬似コードの出力を行います。
Java擬似コードを利用することで、手作業でのリビルドが効率的に行えます。
お客様ご指定のフレームワークに準拠することが可能です。

Characteristics of i Renaissance® seriesi Renaissance® シリーズの特性

[i Renaissance Converter]作業自動化:自動 変換手法:リライト コード:フレームワーク指向 コスト:低い 期間:短い ワークロード:100 メリット:機能性の担保・非常に高い変換正確性 [i Renaissance Express]作業自動化:自動(80%以上) 変換手法:リライト コード:オブジェクト指向 コスト:中程度 期間:中程度 ワークロード:200-300 メリット:フレームワークに依存しない標準的なJavaコードを生成・高い変換正確性 [i Renaissance Insight(解析とコード化)]作業自動化:自動 変換手法:評価・分析・コード化 コード:Java擬似コードの出力 コスト:極めて低い 期間:極めて短い+擬似コードAssembly作業期間 ワークロード:20+擬似コードAssembly作業(250-350)メリット:現行システムの可視化・全サブシステム単位でJavaの擬似コード生成 [再構築・スクラッチ開発※参考]作業自動化:手動 変換手法:リビルド コード:オブジェクト指向 コスト:高い 期間:長い ワークロード:400-???(殆ど成功事例が存在しない。稼働に漕ぎつけたケースでも莫大な投資…1,000↑) メリット:100%自由なコーディング

i Renaissance® シリーズの比較イメージ

Q&Aよくあるご質問

i Renaissance サービスについてお客様からよくあるご質問をまとめました。
i Renaissance についてわからないことやお困りの際はこちらのページをご覧ください。