i Renaissance®シリーズIBM i(AS/400)のマイグレーションサービス

English

i Renaissance ConverterIBM i(AS/400)システムの自動コンバージョンサービス

i Renaissance Converterサービスは、IBM i(AS/400, System i)上で稼働している、RPG、COBOL、CLで構築されたレガシーシステムを、Java EE とオープンプラットフォームで稼働するシステムに、現行に忠実に変換するサービスです。
ソースに人の手を介すことのない自動変換のため、安全かつ短期間でサービスインすることが可能です。
また、移行先データベースに対する定義の作成ならびにデータ移行も標準のサービスとなります。

IBM i(AS/400)マイグレーション課題

  • 長期間に渡る開発・保守によりシステムのブラックボックス化が進んでいる
  • 安定したマシンのため、重要かつ複雑な機能が残され、マイグレーションのリスクが高い
  • 連携するシステムの本番稼働の期日から、マイグレーションに掛けられる時間が限られる

i Renaissance Converterを使用して実現できること

  • 01スクラッチ開発より短納期・低コストでオープンシステムにしたい
  • 02リスクなくRPG/COBOL等のレガシー言語を離れたい
  • 03ブラックボックス化しているシステムを解析に時間を掛けずにデータベースを含めてオープン化したい

i Renaissance Converterの各フェーズについて

i Renaissance Converterを利用したマイグレーションのステップは下記となります。
まずはPOCで変換の精度をご確認頂き、その後プロジェクトの開設となります。

i Renaissance Converterの各フェーズ図

i Renaissance Converterサービスを利用したマイグレーションの概要

i Renaissance Converterを利用したマイグレーションの主要な工程として、インサイトと呼ばれるリソースの事前チェックと、プログラム変換の2つがあります。
i Renaissance Converterでは、IBM i(AS/400)独自のアーキテクチャーを含んだリソースを100%変換します。

i Renaissance Converterを利用したマイグレーションの工程イメージ図

i Renaissance Converterサービスを利用したマイグレーションパターン

i Renaissance Converterは、プログラムの変換と組み合わせて、現行のIBM i(AS/400)の環境資産を活かしながらマイグレーションを実現します。

i Renaissance Converterサービスを利用したマイグレーションパターン3案

i Renaissance ConverterサービスのUI層・データ層の種類について

リソース元の構成と、変換後の構成イメージを下記に記載します。

リソース元の構成・変換後の構成イメージ

ユーザテストを効率化する自動テストツールTest Maker

通常、画面プログラムの新旧比較には、新旧の画面に同様の値を入力して差分を取るといった作業により膨大な工数が見込まれます。
その作業量を半分に抑えるため、Test Makerというツールを用意しています。

特徴

  • 5250画面動作記録と、変換後のJava画面動作の比較検証を自動で行います
  • 画面動作での差異のエラーポイントを抽出し、メッセージ表示します。

1.現行のプログラムを5250画面でオペレーション 2.マクロ※に自動記録 3.出力されたマクロを変換先環境のテストメーカーに引き渡し 4.変換先のテストメーカーでマクロ再生 5.現行と同じ動きをしているかを自動で確認 6.結果画面を表示 ※マクロにはテストデータ、テスト結果が記録されます。