事業内容 事業内容トップへ
i Renaissance(TM)
IBM i(AS/400)のマイグレーションサービス
i RenaissanceはIBM i(AS/400、System i)上で稼働しているRPG、COBOL、CLをJavaに変換するサービスです。
特徴としては、ソースを人の手を介さずに自動変換する事で、アプリケーションの現行保証を行い、短納期でサービスインする事が可能です。
また、移行先データベースに対する定義の作成ならびにデータ移行も標準のサービスとなります。
製品概要
選択可能なマイグレーション方法論の評価とアプローチ

IBM i (AS/400)上で動く言語(RPG、COBOL、CL)を、オープン系言語に移行するには、多くの方法論が存在しますが、ここでは、主流となる「リビルド」「リライト」のアプローチについて説明をいたします。

リビルド(変換ツールを使用)
現行踏襲と新規追加を並行して行うことができる。人的作業の介在は、不可避である。そのことが品質の低下を招き、テスト工数を増大させる。
リライト(変換ツールを使用)
変換作業は、一貫して自動化されており、高品質で均一な品質を維持することが可能である。結果として、圧倒的にテスト工数を圧縮できる。

マイグレーションに採用すべきアプローチの評価

自動マイグレーションサービス 『 i Renaissance(TM) 』の各フェーズについて

i Renaissanceを利用したマイグレーションのステップは下記となります。
まずはPOCで変換の精度をご確認頂き、その後プロジェクトの開設となります。

『 i Renaissance(TM) 』を利用したマイグレーションの概要

i Renaissanceのマイグレーションは、インサイトと呼ばれるリソースの事前チェックと、プログラムの変換の2つの工程からなります。
i RenaissanceはIBM i (AS/400)独自のアーキテクチャーも含んだリソースを100%変換を行います。

i Renaissanceによるマイグレーション

『 i Renaissance(TM) 』のマイグレーションパターン

i Renaissance(TM)は、プログラムの変換と組み合せて、現行のIBMⅰ(AS/400)の環境資産を活かしながらマイグレーションを実現します。

『 i Renaissance(TM) 』の特長
短納期・低コスト
1.移行元プログラムのJavaへの変換は完全自動化されている
  • ◎ ツールは例外なくソースコードを100%自動変換し、手作業が入り込む余地をなくします
  • ◎ 生成されたJavaコードは元言語によせたシンプルなソースコードに変換され、保守がし易くなっており、さらに可読性も高く、元言語に比べ大幅にコードの行数が増えない様に工夫されています
    またソースのコメントも元言語から移行されるため、保守性の向上にもつながります
現行保証
2.変換されたアプリケーションに全ての現行システムの機能が保持されている
  • ◎ 現行のアプリケーション機能のオープンの環境における確実な稼動を実現しています
現行保証
3.ソリューションはエンド・ユーザーには見えないので現行と同じまま使い続けられる
  • ◎ エンド・ユーザーの観点から、現行システムの業務の流れを完全に保持しています
自由度
4.リフレッシュ機能がプロジェクト実施中のアプリケーション拡張/修正を可能にしている
  • ◎ 再変換(リフレッシュ)により、プロジェクト期間中のプログラムの拡張/修正を可能にしています
現行保証
5.テストの効率化によるテスト工数の削減が可能な自動テストツールが採用されている
  • ◎ テストツールにより、手組みによる開発時のテストよりも非常に効率的なテストを可能にしています
自由度
6.生成されたコードは完全オープンソースでライセンスの必要はない
  • ◎ 特定のベンダーに依存したり、継続的にライセンス料が発生しないオープンソースとなっています
実績
7.グローバルで多数の実績があります
  • 多数の実績を持っていることにより、変換精度が高く且つ完成度の高いツールが採用されています
自由度・親和性
8.一般的なFrameworkから呼び出す事が可能である
  • ◎ Spring、Strutsと言った他Frameworkで作成した機能から、変換されたJavaを呼び出せます
『 i Renaissance(TM)』のUI層・データ層の種類について

リソース元の構成と、変換後の構成イメージを下記に記載します。